埼玉県八潮市長 大山しのぶ

マニフェスト 2017年9月4日発表・抜粋

新公共経営

協働で経営する自主・自律のまち

  • 市民向け八潮情報アプリ(防災・防犯・要望)の開発(ガバメント2.0)
  • 新市庁舎建設と行政の電子化・IoTを導入で行政の公開、効率化とサービスの向上
  • 八潮独自の政策シンクタンクとなる八潮コンソーシアム(共同研究組織)の設立
  • 社会環境の変化を見すえた既存計画の不断のローリング
  • 働き方改革とワーク・ライフ・バランスに配慮した男女共同参画の積極展開
  • アセットマネジメント(将来需要を予測しながら市の資産を効率的に管理する新しい手法)の展開
  • 公民連携(PPP、PFI)手法の活用で公共サービスの向上や効率化を推進